CANYON
DIRTY ROADIE


満を持して登場するのは、ロードバイクで参加できるアドベンチャーライド”ダーティーローディー”!
もちろん、ただのロングライドではありません。白州の食材を集めるというミッションは変わらず、今年はCANYONの新しいグラベルバイクGRAILに乗ったライドリーダーと共に走るスーパーハードルートを設定。

南アルプス、八ヶ岳、奥秩父山塊、富士山、といった日本有数の山々に囲まれ、日本を東西に分断するフォッサマグナ上にある白州へ向かって、ダイナミックな地形と荒れた路面を走破すると共に、その大地が生み出す食材を地元の農園「白州杜苑」さんから頂きます。

前日の金曜日に塩山をスタートする2日間計116km/3661mUPのスーパーハードルート。ルート作成は地元在住Rapha Japanの窪田氏

スーパーハードルートは最少催行人数5名/最大10名の募集です。
まずは参加する事そのものがスーパーハードな設定ですが、我こそはという強者をお待ちしています!

またべるが近くの農園”白州杜園”で野菜の収穫を行い、ゴールとなるべるがでバーベキュー参加する事ができます。白州の新鮮な野菜とジビエをご用意しています!

◆ダーティーローディ開催概要

◇スーパーハードルート
25日(金)朝9:00塩山駅出発→増富温泉→旧増冨中学校泊/74km2800mUP
26日(土)ライドスタート→白州杜園→べるが→18:00BBQ/42km1213mUP
参加費5,000円(ライドサポート/宿泊/農場体験/保険を含む)
※べるが滞在に必要な道具は事前に発送する事ができます。詳しくは参加者に別途ご連絡致します。
※料金に食費,食材費は含まれません。必要分を各自でご購入ください。
※地元の食材を利用したBBQも別途料金が必要です。後ほどご案内致します。
※雨天決行/荒天中止です。

CANYON GRAIL

綺麗に舗装された道路に飽き足らず、好奇心のおもむくままに新しいルートを開拓するライドの面白さを知っている人なら、バイクの快適性が身体に及ぼす影響を充分理解しているはずです。つまり、地面からの振動は体に大きな負担になっていると。

ドイツのバイクブランドCANYONは、世界中のライダー達の興味がオン/オフロードの境目を越えつつある事に着目し、その答えとして新しいグラベルバイクを発表しました。
その特徴的なハンドルは、今回のようなダートを含むハードなライドに快適性をもたらし、より速く遠くへ新しい世界を広げていける可能性を秘めています。
スーパーハードルートのサポートはもちろん、バイクロア会場でも試乗できるので、是非一度体験して欲しいです。

◆CANYONブース出展内容

▪️グラベルバイクGRAIL試乗
バイクロア会場にて、5/27(日)どなたでも試乗可能です。ご自身の現在有効な写真つきの公的身分証明書原本をご持参ください。

▪️ハズレ無し!素敵なGRAILグッズが当たるスピードくじ大会
グラベルライドをもっと楽しむためのオリジナルグッズや、CANYONグッズが当たります。ぜひくじ引きに来てくださいね!

▪️写真展「グレイルで走る、日本の道の可能性」
GRAILをいち早くテストした、フォトグラファーNBこと田辺信彦氏onyourmark MAG編集部小俣雄風太氏。彼らが普段走る日本の道をGRAILで走り、レビューします。

▪️ダーティーローディのライドリーダーが、GRAILを使用
ライドリーダーがGRAILで一緒にライドを楽しみます。バイクに関する質問や、休憩時の試乗など、ライドリーダーまでお気軽にお問い合わせください。


CANYON GRAIL
https://www.canyon.com/ja/road/grail/

Peatixのアカウントが必要です。

SUPPORTED by


CONTACT


バイクロアに関するお問合せは以下のフォームからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容

※フォームがうまく送信できない場合は以下へ直接ご連絡下さい。

Mail:info@bikelore.jp バイクロア実行委員会

協力:BEEK DESIGNwelldonetoshiki satoLetters 8David Munson廃校喫茶フィトンチッド

バイクロア実行委員会

松原満作
手焼きせんべい三代目満作
森田洋平
株式会社メック(COG Magazine)
増田拓己
株式会社エンドゥドゥ
岡野俊介
イーストリバーサイクルズ
武井良祐
SimWorks/最高CYCLE